電話加入権とは

電話加入権について

皆さんは電話加入権というものが、実際はどういうものなのかご存じですか?権利、と言われても普段はあまり気にしないことですが、電話加入権の権利を持つ人は、工事費を支払うことで電話機の設置場所を移したり、一時的に利用するのを停止したりすることが可能です。電話加入権を持つことで、初めて住宅に電話線を引き込み、電話を使用できるようになります。これらはNTTが管轄しており、今のところ、通常の電話を導入するにはNTTに連絡が必要です。

電話加入権の料金

電話加入権は以外に高いものです。1985年当時は70000円、現在では37800円とほぼ半分になりましたが、以前かなりの金額が必要なことが分かります。ちなみに、電話加入権を得るために支払うこの金銭のことを現在では施設設置負担金と呼ぶことになっています。施設設置負担金は、電話網を作るためにNTTと、その前身の日本電信電話公社が徴収していたものですが、現在では電話網がほぼ完成していることから、廃止も検討されていると言われますが、まだ其の結果は出ていません。

電話加入権以外に電話を引く方法

電話加入権は高い、しかし電話は必要となっている場合、注目したいのはひかり電話です。ひかり電話はインターネット回線を使った電話網で、電話加入権と異なり、インターネット回線を申し込む際に一緒に利用することが可能です。電話加入権が高くて中々固定電話が利用できないという方は一度検討してみてはいかがでしょうか。