電話の歴史

固定電話が無い例も増えている

最近は、固定電話の無いご家庭も増えているようです。携帯電話やスマートフォンの普及が進み、様々な連絡に使うのはそういった携帯機器であることが多いようです。しかし、企業などではそうは行きません。顧客からの電話に対応をするのは、やはり固定電話であるほうが好ましいと言われていますし、実際に固定電話がある方が、信頼できると考えている方も多いようです。しかし、固定電話の通話料金や電話加入料金は高いので、導入に踏み切れない、台数を増やしたくても増やせないということもあるでしょう。

固定電話を安くする方法

固定電話がないのは問題と考える場合も多いようですが、そんな時は電話回線を光回線にして導入をご検討されてはいかがでしょうか。ひかり電話は通話料金が安く、インターネット回線と設備を共有することが出来ます。固定電話の導入が難しい場合でも、これなら負担も少ないです。

固定電話の歴史

固定電話の歴史は古く、というよりも元々電話というのは、持ち運ばずその場で置いておくものが主流でした。日本では壁掛け式の固定電話がよく用いられていて、戦後の長い期間運用されていました。昔の固定電話といえば高級品で、村内の裕福な家庭にあるだけ、ということも多く、その1台を多くの方が狩りに行くという光景がよく見られたそうです。しかし、近年は携帯電話の普及が著しく、固定電話を積極的に設置するということが少なくなっているそうです。