電話回線について

電話回線について

電話回線は、その名の通り電話に繋がる回線で、会話をするためには必要不可欠のものです。昔は一つの電話から相手の電話に電話をするのに、途中で交換局というところがあり、人力で相手の電話回線に繋いでもらうということがありましたが、今ではこれらは自動で行われています。

電話回線を使うために

通常、電話を使うためにはNTTに電話回線の加入を申し出る必要があります。これを電話加入権といいますが、これを行わないと通常の電話は電話回線を使用することができないので、電話をすることができません。一方、電話回線が無くても電話をすることができる電話も存在しています。これはIP電話と言われるもので、インターネット回線を使用して電話をすることができるものです。ひかり電話もこのIP電話の一つです。

電話回線を使わなくても使える電話

電話回線が無いのに使える電話というと何だか不思議な気がしますが、厳密に言うのなら、インターネット網が通常の電話回線に置き換わっていると考えると分かりやすいかもしれません。ひかり電話は通常の電話に比べると料金が安いという利点がありますが、これは電話専用の電話回線ではなく、インターネットで使用しているネットワーク網を使っていることもその一助となっています。また、インターネットも使う家なら、インターネット用のモデムで電話の方に回線をつなげることもできるので、電話回線用の配線がすっきりするという場合もあるようです。