ひかり・電話回線等に関する情報まとめ

ひかり電話って何?

ひかり電話、と聞いて何かピンと来る人、来ない人がいると思います。実は、光電話とは、インターネットで使われている光回線をつかって電話のデータをやりとりしているものを言います。光インターネット網が広がるに連れて、電話も同様にひかり電話にすることが多く行われていますが、実際ひかり電話というのは、通常の電話とはどのように異なるものなのでしょうか。ひかり電話に今後更新をお考えの方は、一度調べてみることをお勧めします。当サイトでもわかり易い内容で皆様にひかり電話の事をお伝えできればと思います。ひかり電話に変更をすると様々なメリットや、今までと勝手が違うこともありますので、このサイトをご覧になった方が少しでもそのことを理解して、ひかり電話をご利用頂けるようになれば幸いです。

光ファイバーを使った電話

ひかり電話は、通常の電話線ではなく、インターネットなどで使用されている光ファイバー網を使って通話を行うものです。つまり、ひかり電話はIP電話とほとんど同じものなのです。実は、ひかり電話は光ファイバーを使っているのでNTTの電話網とは無関係ですが、今ではN_TTのひかり電話が大きな勢力を占めていると言ってもいいかもしれません。また、ひかり電話は光ファイバーを使うため、距離に関係なくひかり電話は電話料金が一定、しかも住所が変わったりした場合も、ひかり電話なら同じ電話番号を使い続けることが可能です。ひかり電話には、ADSL網を使う電話に比べると様々なメリットがあるので、一度ひかり電話をご検討されることをお勧めします。

ADSLとは

ADSLは、光インターネット網が広まる前から稼働している形式のインターネット網です。ひかり電話では用いられませんが、このADSL回線を使って電話を行うことも可能です。ADSL網は現在減りつつあり、ひかり電話がその代わりに多くの家庭で導入されはじめています。ひかり電話最大の利点は、通常の電話と異なり距離によって通信料金が変わるということが無いことです。普通の電話では、同一視内から外れると電話料金が高くなりますが、インターネットでウェブサイトを閲覧するのと同じように、ひかり電話は市街でも県外でも同じ料金で通話をすることができます。また、最近のひかり電話では、それまで通常回線で使用していた電話機器をそのままひかり電話に切り替えて使うこともできるので、専用機器を買い直す必要が無くなっています。